2007年8月27日月曜日

凄い残暑!日に焼けました。どうしよう~

夜になって洗顔したら特に顔に熱を持っているのがよくわかり日焼けしちゃってる! うっかりしていました。日傘や帽子対策はしていたのですが追いつかないのが現実です。

◆用意するもの…冷やした天然水を入れたスプレーボトルとカットした脱脂綿

(1)優しくダブル洗顔して保冷材またはアイスノンを湿らせたハンカチで包んで日焼けした肌に軽くあてます。 (ケーキを買ったときに入ってくる保冷材はとっても便利です。また100円で手の大の保冷材が売っています。)
  日焼けも一種の火傷みたいなものだから少し肌を冷やしてあげると毛穴もひきしまって一石二鳥でいいですよ♪
  あてすぎはいけませんが…(笑) 急ぎ粗熱(お料理みたい)を取ります。

(2)コットンに天然水と化粧水をたっぷり含ませます。(天然水8、化粧水2の割合でひたひた状態)

(3)何枚にも薄く剥すことが出来るので、ほほや鼻、おでこやあごに貼り付けます。
  薄く剥いだコットンを重ね張りすると保湿効果抜群です。

(4)体温で水分が蒸発したら、天然水をスプレーします。10分程度で剥がします。熱も取れて、肌も落ち着きます。

(5)仕上げに天然水で薄めたファミリークリームをたっぷり塗布します。次に天然水で薄めたホワイトベースUVを塗布します。

 とにかく冷やして水分をたっぷり与えて下さいね!

コットンは薬局で売っている脱脂綿が厚みもあって最適です。
 ハサミで使いやすい大きさにカットしてご使用下さい。
 天然水のスプレーはメイクの仕上げにシュ-っとする持ちが良いです。
 また汗をかいた後にシュ-っとすると痒くならないので是非お試し下さい。

0 件のコメント: