2007年10月12日金曜日

心から応援したい「あ・な・た」

心から応援したい「あ・な・た」と呼べる存在がいて、お互いの幸せを願う事ができる・・・これって本当にありがたいことなんですね。

私たちが、この世界に生まれてきたのは、生きることによろこびを感じるためなのではないでしょうか。 これは、いろいろな考え方があると思いますが、私としてはそう考えた方が、より楽しく生きられる気がします。

 それは何の役にも立たないかもしれないし、意味もないと感じるかも知れま せん。
でも、それこそが、その目的が最高で最大のものだということを証明しているようですね。

  他人に対して謙虚に処する行を続けていると、いつか、深い自信が芽生えてくる。
  他人に対して心から感謝する行を続けていると、自然に、自分の心が強くなっていく。

難が有るときにこそ、『有り難う』
どのような「因果応報と輪廻転生」も「ありがとうと愛」で総べてハッピーエンドになりますね。
あまり深く考えない!シンプルが良い。思った通りで大丈夫。

目の前にある事をやったら愛が産まれました。
そうしたらありがとうが返って来ました。人生はその繰り返しかもしれませんね。
氣がついたら後ろに大きな道がありました、前をみたら前にも見えてきました。

0 件のコメント: