2007年12月18日火曜日

シークレットサン

今回で第5回になる「貯徳問答講」に参加しています。
日本一の投資家・竹田和平さんが「旦那とマドンナ」を育てるために、無料で始められたIT寺子屋です。 
詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

1回目が「天意と生命や 如何」
2回目が「因果応報と輪廻転生や 如何」

その中で紹介されたものです。
テレビで放映されものです。ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが時期的にぴったりですのでご紹介します。

シークレットサンタ1→ http://www.youtube.com/watch?v=nSySDdox4Mwシークレットサンタ2→ http://www.youtube.com/watch?v=4p6le4wEudcシークレットサンタ3→ http://www.youtube.com/watch?v=4j7Sm2En_10

動画を見ながら、手元の寄付金振込み用紙に金額を書込みました。
金額は小額なのでヒミツです。

先月、10億円寄付のニュースもありました。
「生まれ故郷へのささやかな恩返し。子供たちの情操教育に役立ててください」横溝千鶴子さん(88)素敵なコメントです。

現金10億円分を山積みにして見せると言うパフォーマンスもリアルで、ニュースを見た人全員が楽しめたと思います。
人を驚かせるって楽しい事です。

普段TVを見ない私が思わず偶然に見ました。
20年前(1987)の大韓航空機爆破事件のTV番組です。
巧妙に仕組まれた計画を1mmずつ解きあかしていくドキュメント風ドラマです。北朝鮮特殊工作員2人と日本人大使館関係3人の三日間です。

ご覧になった方もいらっしゃると思います。
「互いに存在を知らない、彼等の運命がバーレーンで重なりあう事になる」こんなナレーションがありました。
天命、天意、、、総てが重なりあったように見ていました。歴史はこうして動くものなのですね。

事件の内側で、5感をフルに使い実行し、使命を遂行する人がいる。
人は行動によって天命を感じ守られ、それぞれの天意(ミッション/使命)を果たせるようになっているのですね。
生きる事、生かされている事、しなければならない事、人の為に尽くす事、考えさせられる2時間でした。

事件の告白によって見えて来る情況に天意を感じました。

2007年12月12日水曜日

林試の森公園の「落羽松」

絨毯のような落ち葉をガサガサ踏みながら、自然はゴミを出さないね~。落ち葉は遊べます。几帳面に掃く必要はないと思うけれど、ゴミと捉える人が都内には多いですね。

目黒 林試の森公園の「落羽松」です。
黄色に紅葉した葉は、黄金の天使の羽が空から舞い降りて来るような大きな木でした。
私には「ラクウショウ」と書いたネームプレートが「楽勝」「楽しよう」そんな風に見えました。
多分、私が無意識に望んでいる事、なりたい事なのでしょう。大きな自然に囲まれて、気持ちが平原になったのだと思います。
12月は何故か氣忙しいです。1年の12分の1なのに。。。毎年そう思います。
そろそろお仕舞いの紅葉でホッと一息teatimeです。